TOP > iPhoneの画面保護

iPhoneの画面保護

iPhoneは6+で5.5インチの大型ディスプレイを搭載してきており、年々大型化が進められています。

特に6以降は大型化が顕著であり、液晶の保護が問題視されてきています。

液晶については強化ガラスが利用されていますが、それでも落下や傷には無縁とは行きません。そこでさまざまな方法でiPhoneの液晶保護がされてきています。
液晶の保護には2種類あり、衝撃から守る、傷から守ることが重要です。

Softbankに関する情報をすばやく探せます。

ただし、衝撃から守るためにはケースを買う必要があり、手軽さでは衝撃からの保護はあきらめて傷などから守ることに専念する方も少なくありません。


傷からの保護には液晶保護シートなどが利用されます。


液晶保護シートはフィルム、ガラスなどさまざまな材質で用意されており、用途やコストに合わせて利用可能です。


iPhone用の液晶保護シートは主に3種類用意されており、各メーカーごとに特性が変わってきます。



もっとも安く利用されているのがフィルムです。



光沢、非光沢と選ぶことができ、液晶を傷から守ってくれます。
液晶はポケットに入れる場合に傷がつきやすいのですが、フィルムであっても傷から守ってくれ、また、手の脂などもこびりつかない性能があり、手軽に使えることもあり人気が出ています。


また、ガラスやマットも人気です。

フィルムタイプよりも高価ですが、性能面ではさらに強化された傷防止、また、ガラスの場合は透過率が高いことから張っていることに気づかずに利用出来るほどの綺麗な画質も特徴となっています。